お座りをして遠くを見つめる子犬のゴールデンレトリーバー
Pocket
LINEで送る

愛犬の歯磨きをしようと思っているけどどのくらいの頻度でやればいいかしら?

愛犬の歯磨きのやり方はどんな感じでやっているの?

というように悩んでいませんか?

今回はこんな方のために犬の歯磨きの頻度と歯磨きの仕方や注意点について紹介します!

成犬の歯磨きの頻度は?

舌で鼻を舐めるコーギー

犬は犬でも子犬と成犬では歯磨きの頻度は多少変わってきます。

成犬の場合、少なくとも2~3日に1回は歯磨きをするようにしましょう。週でいったら最低でも2~3回は歯磨きをしないといけません。

というのも2~3日で歯垢が歯石に変わってしまうためそのペースで歯磨きをしないとどんどん取りにくくなってしまいます。

歯石は口臭のもともそうですが悪化すると歯周病口の中の病気を招いてしまいます。

なので、歯磨きは徹底して行いましょう。

子犬の歯磨きの頻度は?

外で遠くを見つめる子犬のゴールデンレトリーバー

子犬の場合、1日に1回もしくは2日に1回のペースで歯磨きをしてあげましょう。

というのも歯をキレイにすることはもちろん、成犬になってから歯磨きをスムーズに行うことができるようにするためでもあります。

特に成犬になってからは永久歯に生え変わってくるため歯磨きは欠かせないです。

その時に歯磨きを嫌がると歯石がつき歯周病口の中の病気になりやすいのです。

子犬だからといって歯磨きの頻度を減らすのではなくむしろ歯磨きを徹底して行い成犬時に歯磨きを嫌がらないように慣れさせておくことが大切です。

犬の歯磨きの仕方

外でお座りをするダックスフンド

犬の歯磨きの仕方について解説していきます!

犬の歯磨きで用意するもの

  • 歯磨きシート or ガーゼ
  • 犬用歯ブラシ&犬用歯磨き粉
  • デンタルガム(歯磨きを嫌がる子用)

をまず用意してください。

犬の歯磨きの手順

  1. 犬が動かないようにおさえる or 高い所に犬をのせる
  2. 歯磨きシート or ガーゼを指に巻いて歯全般を磨く
  3. 細かい部分を歯ブラシで磨く
  4. 歯磨きを嫌がる子には歯磨きを用ガムを与える

です。

それでは手順について詳しく説明していきます。

①犬が動かないようにする

まずは犬が動かないように膝の上にのせる高い台にのせましょう。

歯磨き中に犬が動いたら危ないので動かないようにしっかりおさえることが大切です。

高い所に犬をのせると犬も恐怖から体をじっとさせるので高い台にのせることも効果的です!

②歯磨きシートで歯全体的に磨く

次は用意した歯磨きシートを使って歯全体を磨いてあげましょう。

歯磨きシートを使うことで歯の表面の汚れや目に見える汚れをすぐに落とせるため歯ブラシで磨く前に必ず行いましょう。

特に奥歯や自分の座っている位置から見えない歯を重点的に磨いてあげましょう。

歯磨きシートでなくともガーゼを指に巻いてそれで歯全体を磨くでも構いません。何より歯についた汚れを落とすことが先決です。

③細かい部分を歯ブラシで磨く

歯磨きシートもしくはガーゼを指に巻いて歯を全体的に磨いたら歯ブラシを使って細かい部分を磨いていきます。

例えば、歯と歯茎の間や歯と歯との間を歯ブラシを使って磨いていきます。

特に歯と歯茎の間は汚れが溜まりやすく歯垢が歯石に変わりやすい部分でもあります。なので、手を抜かずにきちんと磨きましょう。

④歯磨き用ガムを与える(歯磨きが嫌な子の場合)

歯磨きが嫌な子は歯ブラシではなく歯磨き用ガムを与えるでもいいでしょう。

歯磨き用ガムでもある程度の汚れを落とすことができるので歯磨きをするのが大変な方や犬が歯磨きを嫌がる場合なんかは使ってみても良いでしょう。

歯磨き用ガムなら進んで噛んでくれる子も多いのでおすすめです!

※犬の歯磨きの仕方がわからないという方のために動画を載せておきます!

犬の歯磨きをする際の注意点

よだれを垂らすボクサー犬

犬の歯磨きをする際の注意点について解説していきます。

①力強くブラッシングをしない

犬の歯磨きをする際は力強くブラッシングしないことです。

力強くブラッシングすることで歯茎が傷つきそこから菌が入ると膿が溜ったり、歯を傷つけることにも繋がります。

他にも力強くブラッシングすることで犬が嫌がり暴れるため危ないです。なので、歯磨きをする際は犬が嫌がらない程度の力で磨くようにしましょう。

②人間用の歯磨き粉は使わない

歯磨き粉は絶対に人間用のもの使わないでください!

というのも人間用の歯磨き粉にはキシリトールの成分が多く含まれており犬にとってはこれが有害です。

キシリトールには血糖値を下げる作用があるため比較的に血糖値が低い犬が摂取したら低血糖症を引き起こし死に至ります

なので、歯磨き粉が無いからといって人間用の歯磨き粉で代用なんてことは絶対に考えないでください!

犬の歯磨きに役立つアイテム

笑っているパグ

犬の歯磨きをする上で役立つアイテムについて紹介していきます。

①歯磨き用シート

歯磨き用シートだけでもかなり汚れを落とすことができます!

歯の表面や目に見える部分をこれ一枚でかなり落とすことができるので歯磨きをするのには欠かせないです。

歯ブラシで細かい部分を磨く前に一度歯磨き用シートで磨くだけでも歯のキレイ度はかなり違います。

②歯磨き用ジェル

歯磨き用ジェルなんかも歯をキレイに保つのに役立ちます。

舌にジェルを垂らすだけで犬が口の中で混ぜて歯の汚れを落とす役割があります。歯磨きを嫌がる犬なんかには良いでしょう。

ただ、購入する際は歯磨き用ジェルに含まれている成分を確認してから買うようにしてください!

③歯磨き用ガム

特に犬が歯磨きを嫌がる場合なんかは有効です。

口の中を触られたくない、だけど歯磨きをさせたいという両方の悩みを解決したのが歯磨き用ガムです。

噛むだけである程度の汚れを落とすことができるので歯磨きを嫌がる子には歯磨き用ガムを与えても良いでしょう。

犬用歯磨きガムの使い方や効果に関しては

https://dog-happiness.com/2019/12/13/%e7%8a%ac%e7%94%a8%e6%ad%af%e7%a3%a8%e3%81%8d%e3%81%ae%e3%82%ac%e3%83%a0%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%82%93%e3%81%aa%e5%8a%b9%e6%9e%9c%ef%bc%9f%e6%ad%af%e7%a3%a8%e3%81%8d%e7%94%a8%e3%82%ac%e3%83%a0/

こちらの記事で紹介しているのでご覧ください!

犬の歯磨きの仕方と頻度は気にして!

舌を出している子犬

犬の歯磨きの仕方と頻度は大切です。

犬は人間と違って何倍ものスピードで歯石になりやすいため定期的にお手入れをしてあげないといけません。

歯磨きも適当にやると歯垢が残りそれが歯石へと変わってしまうため歯磨きは徹底して行わないといけないです。

できれば毎日やるのが望ましですが2日に1回でもいいので今から歯磨きする習慣を作ることが歯周病口の中の病気の予防にもなります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事