頭を撫でられる犬
Pocket
LINEで送る

犬は飼い主に撫でられるのがとても好きなのですが特にこの部位を撫でられるとおっとりしたり、気持ちが落ち着くという部位があるのです。

犬のどの部位を撫でると気持ちよくなるのかを知っておくと撫でやすくなりますよね。

今回は犬を撫でる際に喜ばれる部位と撫でるコツについて紹介していきます!

犬を撫でる時に喜ばれる部位

飼い主に撫でられるスペーサー

犬が撫でられて喜ぶ部位とはどんなところがあるのでしょうか?

以下に撫でると喜ばれる部位についてまとめてみたのでこれを参考に愛犬を撫でてみましょう。

①脇の下

『脇の下ってきもちいいの?』って思う方いるかもしれませんが実は脇の下は犬が痒くてかこうと思っても手が届かない場所であって撫でると喜ぶ部位なのです。

この脇の下はツボであることが多くツボ押しマッサージの感覚で撫でると気持ちよさそうにして飼い主に引っ付いておねだりする子なんかもいます。

脇の下は犬にとって手が届きにくい部位なので積極的に撫でてあげることで犬も喜びます!

②顎の下

犬を撫でる部位として定番なのが顎の下ですよね。

犬を飼っている方なら誰しも1度顎の下を撫でたことがあるでしょう。

それだけ撫でてあげると喜ぶ部位なので撫でる際は片手で撫でるよりも両手を使って揉むように撫でてあげると良いです。

そうすると気持ち良くてもっとおねだりしたり気持ち良さから目を閉じる子もいます。

③耳の付け根・耳の後ろ

耳の付け根や耳の後ろを撫でてあげると喜ぶ犬は多いです。

というのも犬の耳周辺はリンパが溜まりやすいため撫でてあげるだけで血流がうまく循環し気持ち良いと感じるのです。

あとは耳の付け根や耳の後ろは凝りやすいのでマッサージ感覚で揉むようにしてあげるだけでも気持ちよさそうにする子も多いです。

④脇腹

脇腹も撫でると喜ばれる部位なのです。

特に脇腹から体全体にかけて優しく撫でてあげると犬はおっとりして気持ちよさそうに感じるのです。

脇腹も普段手が届きにくいところなので優しく撫でてあげるだけで飼い主の温もりを感じるでしょう。

⑤背中

背中も犬にとっては手が届きにくい部位です。

撫でる際は頭に近い方から尻尾にかけて撫でおろすかのように撫でると気持ちよさそうにします。

いきなり背中から撫でるよりかは脇の下や脇腹から最初は撫でてあげ徐々におねだりするようくっついてきたら背中を撫でてあげるのが良いでしょう。

犬を撫でる時のコツ

お腹をさすってもらっている犬

犬を撫でる際のコツについていくつか紹介していきます!

撫でる際の基本的なことなのでこれを意識して撫でてあげるとさらに好感度がアップします!

①優しく撫でる

犬を撫でる際は優しく撫でるようにしましょう。

当然のことですがよく高速で撫でる人がいますが高速で撫でられても犬は気持ち良いとは感じません。

それよりかは毛並みに沿って優しく撫でてあげる方が安心するし犬も落ち着くので撫でる際は優しく撫でるのがポイントです。

②首からお尻に向かって撫でる

撫でる際は首からお尻の方に向かって撫でるようにしましょう。

喜ばれる部位を積極的に撫でた後でも良いので撫でて落ち着いてきたら首からお尻へと体全体を撫でるようにするとさらに喜びます。

最終的には体全体を撫でるかのように首元から尻尾にかけて撫でるのがおすすめです。

③声をかけて撫でる

優しく声をかけながら撫でると犬はさらにリラックスできます。

愛犬の名前を呼びながら撫でるでも良いし、愛犬とお話する感じでしゃべりかけながら撫でるだけでも簡単なスキンシップが取れます。

犬が安心して心からリラックスできるように声をかけて撫でるのも効果的です。

犬を撫でる際の注意点

頭を撫でられる犬

犬を撫でることは良いことなのですが撫でる時に注意しなければいけない点がいくつかあります。

それを以下にまとめてみたので撫でる時の注意点として意識してみましょう!

①すぐに頭をなでようとしない

よく犬を撫でるというと頭を撫でるイメージがありますがいきなり頭を撫でようとする犬もビックリしてしまいます。

犬は頭の上から撫でられると怖いと感じてしまうので最初から頭を撫でようとするのはやめましょう。

自分の犬でなくともよその子を撫でる際もいきなり頭から撫でることは控えるようにしてください。

②足先や肉球は触らない

犬にとって足先や肉球は体のバランスを取ったり、熱を感じたりするのに大事な部位なのです。

そのためしつこく触られたりするのは好きではありません。

こちらとしては感触が良くて触ったり、撫でたりしますが犬にとっては重要な部位なので基本的には触らないようにしましょう。

③尻尾を撫でようとしない

犬の尻尾を撫でることもやめましょう。

犬の尻尾は感情を表したり、体温を保ったり、体のバランスを取るという役割があります。

そのため足先や肉球と同様に安易に触られたくない部位です。

なので、無理に撫でたり触ったりする行為はやめましょう。ただ、犬の尻尾の付け根は凝りやすいところでもあるので撫でると気持ちよさそうにします。

④鼻先を撫でない

犬にとって鼻も重要な部位です。

犬は匂いには敏感な動物でよく鼻を使います。そんな鼻を撫でたり、触られたりすることは犬も嫌がります。

犬の鼻を触る行為は控えましょう。

⑤食事をしている際は撫でない

特に食事中は犬を触ったり、撫でたりするのはやめましょう。

食事中に撫でたり、触ろうとすると犬は自分の食事を取りに来たと勘違いしてしまい噛みつく危険性もあります。

また食事の邪魔をしてしまうことになり喉に食べ物を詰まらせてしまう危険性もあるので食事中は黙って食べ終わるのを見計らいましょう。

犬を撫でる際は優しく!

撫でられて気持ちよさそうな犬

とにかく犬を撫でる際は優しく撫でるということを意識しましょう。

頭をゴシゴシ撫でたり、触られて嫌な部分を撫でるとむしろ不快に感じることが多いです。

そのため犬に喜ばれる部位を積極的に撫でてあげるとや飼い主との距離も縮まります。

普段遊んであげられなかったり、最近かまってあげられなかったという方はぜひ犬が喜ぶようなところを撫でてあげるといいでしょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事